本文へスキップ

株式会社アペックスは○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○会社です。

社長/社員インタビューPRIVACY POLICY

当社では、画像検索などから社員保護の目的で社員はイラストにしております。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

代表取締役 伊藤 豊


地域に親しまれる「コミュニティー薬局」
づくりを推進し、薬剤師も管理栄養士も
「やりがい」を感じられる会社にしたい。

地域に親しまれることを考える方がやりがいは大きい
クリック

なぜ店舗数や売上高といった規模を追求するスタイルではなく、地域の方々に信頼される「コミュニティー薬局」を目指そうと思ったのかというと、一言で言えば後者の方が働く人の満足感が高くなると考えたから。
地域の方々から「昔のくすり屋さん」のように親しまれ、何かあったらまず行こうと思ってもらえるような店舗づくりのためには何が必要か、を働く人たちが能動的に考え、行動できる環境の方がやりがいは大きいと思います。
患者様がお持ちになる処方箋に対応して調剤をするのは、当たり前。患者様一人ひとりに寄り添い、お悩みの解決のために何ができるかを考えられることが大事だと思っています。

管理栄養士は、患者様との信頼を築く大事な存在
クリック

管理栄養士を積極採用してきたのも、地域の方々に親しまれる「コミュニティー薬局」になるための一つの手段と考えています。
患者様が栄養相談を受けて、結果が出れば信頼の度合いは強くなります。そうなればお薬が必要になった時、患者様はまず私たちのことを思い浮かべるでしょう。管理栄養士は、患者様との信頼を築く大事な存在と言えます。
そんな薬剤師と管理栄養士のコラボレーションを促進する行政の制度も、できつつあります。私たちも2014年度から、品川区の栄養改善事業の一端を担うようになりました。

「コミュニティー薬局」づくりを能動的に推進したい
クリック

管地域から信頼される「コミュニティー薬局」づくりのために取り組んできたことの多くが、結果として世の中に「先進的な取り組み」と認識されてきました。在宅医療関連のサービスには、居宅療養管理指導の制度が整う以前の1992年から開始。そんな私たちの取り組みを、厚生労働省は2014年に特定保健医療材料の在宅供給サービスとして正式に認めました。
今後も地域に親しまれる「コミュニティー薬局」づくりのために、社員一丸となって能動的に推進していきたいと考えています。

     

薬剤師 高野 善●


ここでなら一人ひとりの患者様からも、医師からも信頼される薬剤師になれる。
「希少価値の高い薬剤師」が目指せる。

希少価値のある薬剤師になるには中小の方がいい
クリック

母親が訪問看護師をやっていて、訪問看護を受ける患者様の薬の服用状況がよくない、という話を聞いていたので、「在宅調剤をやっている会社で薬剤師として働こう」という想いが強まっていました。
大手よりも中小で働く方が希少価値のある薬剤師になれると考えていました。

薬剤師としての自分の存在感が大きいと痛感する
クリック

今は介護施設より個人在宅の調剤サービスが業務の中心になっています。どちらにも共通して言えるのは、薬剤師としての自分の存在感が大きいことを痛感できる点だと思います。
在宅調剤では患者様一人ひとりから頼っていただけていることが実感できるし、介護施設向けの調剤サービスでは医師の方の往診に同行する機会が得られ、医師の方からは薬剤師としての専門性を求められることが多くなります。
就活時に望んでいた「希少価値」が、少しずつ身についている実感がありますね。

当社で薬剤師として働くと高い意識が持てると思う
クリック

当社で薬剤師として働き、在宅や介護施設向けの調剤業務に対応していると、医師の方と同じ目線で会話ができているように思います。
病院勤務をしたことがないのでわかりませんが、もしかしたら病院で薬剤師として働くよりも医師の方とフランクな関係が築けているのではないかとも思います。
「このお薬を使った方がいいのではないか」という意見を医師の方に提案することもできますし、実際にその提案によって患者様の状態に変化があることも少なくありません。
そう考えると当社の薬剤師はとても責任が大きく、その分高い意識を持って「プロフェッショナル」として働くことができるのではないでしょうか。

     

薬剤師 濱田 ●子


前職の化粧品会社での経験を活かして、認知症の方に紅をさすご提案をする。
「元気になれた」と言っていただけた。

明るく元気な挨拶が素晴らしい、と感じた
クリック

新卒での就活では、「人をきれいにする仕事がしたい」という友人にも影響されて、化粧品会社へ就職しました。
美容部員として働く中で本部へ呼ばれ、自分が手がけた商品が世に送り出されたのをきっかけに、そろそろ資格を活かそうという気持ちに傾いていきました。
通勤のしやすさも大きな条件の一つでしたが、何より当社を訪問した時の明るく元気な挨拶が素晴らしいと思ったのが大きかったです。長い時間、狭い場所で一緒に働くには最高の雰囲気だと思いました。

下の名前で指名されるほど頼られるのはうれしい
クリック

2年くらい、店舗ではお顔を拝見していないお客様がいらっしゃいました。私が勤務する店舗のご近所にお住まいなので、町中でお会いしてご挨拶することはあったのですが、どうしていらっしゃるのかなあ、などと思いを馳せていました。
そうしたらそのお客様からお電話があり、「●子さん、いらっしゃいますか」と下の名前でご指名をいただいたんです。
どうやら風邪を引いてつらくて動けず、病院にも行けない状態だったそうなんですね。「今、家にはこの薬があるが、どうしたらいいか」と相談されたので、アドバイスをさせていただきました。薬剤師として、そんな風に頼られるのはうれしいものです。

「自分なら何ができるか」を考える人が活躍できる
クリック

当社で働くやりがいとして感じているのは、「それぞれの患者様に応じて自分なりの応対ができる」というところです。
「こうせねばならない」という縛りのようなものはそれほど強くはなく、患者様にプラスになるような提案なら全然OK、という懐の深さがあります。
私たちの店舗を訪れる方は、健康な状態をゼロとするならマイナスにいる方がほとんどです。そんな方々に向けて、たとえば私のように前職での経験を活かし、化粧品をご提案することでプラスの方向へ仕向けていくというスタイルも、当社では「あり」です。
「自分だったら何ができるか」を常に考えられる人が、当社では活躍できるのかもしれません。

     

管理栄養士 加藤 ●里


栄養指導で食事を管理するのは面倒なもの。
だから患者様をその気にさせるのも、管理栄養士の大事な仕事だと感じている。

薬局に栄養士を置いている会社だから魅力を感じた
クリック

高校の頃に進学を考え始めた時、漠然と「資格が取れたらいい」と思い、どうせなら医療系がいいと思って選んだのがたまたま管理栄養士だったという程度でした。
大学へ進学し、「少しは資格を活かしたい」と考え、医療系で病気に関わるような仕事を探していくと、自然と当社が視野に入ってきました。
当時は薬局に栄養士を置くのが珍しく、一人ひとりの患者様と向き合って「地域に根ざしたコミュニティー薬局」を目指すと掲げる当社には魅力を感じました。

「この人が言うなら」と信頼されることを優先する
クリック

私の勤務する店舗では、処方箋をお持ちになる患者様に向けた調剤サービスを提供しながら、薬剤師の方が「栄養相談もありますがいかがですか?」とご案内いただく形で患者様との接点をつくっていただくことが多いです。
そうやって患者様と触れ合う中で強く感じるのは、「患者様をその気にさせるのも管理栄養士の大事な仕事」だということです。
栄養相談を受けて、指導の下に食事を管理するのは、誰でも面倒と感じるものだと思います。だから私は最初から食事の話をせず、患者様が思っていることをお聞きするところから始めて、「この人の言うことならやってみよう」と信頼をいただくことに注力しています。

実際にお使いのお皿に盛りつけて栄養指導をする
クリック

現在は薬剤師の調剤補助業務や処方箋補足入力、OTC医薬品販売などにも対応しながら、自分の中では行政が主導する栄養改善事業による介護予防を推進する在宅栄養相談がメインの仕事と捉えています。
在宅ならではのやりがいを感じています。
在宅栄養相談の醍醐味は、患者様のご自宅を訪問して、生活の様子を拝見しながら栄養指導ができることです。
ご自宅の台所はどんな感じで、どういう調理器具や食器があるのかまで拝見しながら、患者様と一緒に調理実習をして実際にお使いのお皿に盛りつけて「これぐらいなら食べて大丈夫」と具体的な話ができるのは、とても面白いです。

     

医療事務 宮本 ●


「もっと患者様の役に立ちたい」から、
医療事務を辞め、専門学校へ行った。
今は役立っている実感が得られている。

調剤とOTC販売を両方できるのが魅力的だった
クリック

高卒で医療事務として働き始めて痛感したのは、薬に関する知識の不足でした。
患者様から何らかの質問をいただいても、きちんと答えられない自分にもどかしさを感じながら4年間の勤務を経て、一念発起して登録販売者の資格が取得できる専門学校へ進学しました。
専門学校で催された会社説明会がきっかけで社長が直接来てくださり、「登録販売者を募集している」と聞きました。調剤もやりながらOTC医薬品の販売もできることに、とても興味を感じました。

一般の登録販売者ではできない経験ができている
クリック

現在は医療事務と薬剤師の調剤補助、それにOTC医薬品の販売と、全般的に任せてもらっています。
医療事務では、レセプトの処理や処方箋の入力作業など、パソコンを使った入力業務が中心になっています。
調剤補助では、患者様毎の処方箋に書いてあるお薬を棚から選ぶピックアップ作業や分包などをお手伝いさせてもらっています。
専門学校で「調剤薬局事務専攻」というコースを選んでいたこともあり、調剤補助の練習もしたことがあったので、手伝わせてもらえているのだと思います。
登録販売者の資格を持っているだけではなかなか経験できないことを、当社では経験させてもらっている実感があります。

頼って下さるお客様の気持ちに応えていきたい
クリック

私の働いている店舗は調剤薬局業務が中心ではありますが、来店される方は必ずしも処方箋をお持ちになる方ばかりではありません。
「風邪を引いた」と言って、最初に病院ではなく私たちの店舗へ相談に訪れるお客様が結構な数でいらっしゃいます。そんなお客様の病状などの状態を詳しくお聞きして、お客様に合った商品を提案でき、「よく効いたからまた買っていくわ」とおっしゃっていただけた時は、とてもやりがいを感じられます。
薬剤師の方や私のような登録販売者を頼ってくださるお客様がいるということを誇りに感じ、お客様の気持ちに応えられるよう努力を続けていきたいと思っています。